NEWS and TOPICS

2017.05.03 [Wed] 13:19

「光る知覚」オープニングパーティー&トークレポート

こんにちは。アキバタマビ21です。

4月29日(土・祝)より、第60回展覧会「光る知覚 --Touching the Light--」が始まりました。
今回の企画代表者は、版画専攻を卒業された村上郁さんです。

初日の17:00からは、トークイベントが開催されました。
トーク前半では、出品作家の鈴木泰人さんがモデレーターとなり、ゲストにお迎えした藤原工さんにお仕事のことをお伺いしました。

_MG_0070_re.jpg
鈴木泰人さん


まず初めに藤原さんの自己紹介から始まり、お仕事の内容をスライドで投影しながらトークが進められました。
「アートのための光のうつわを作るのが私の仕事です」と仰る藤原さん。
お寺や神社、仏像から美術作品の展覧会まで、展示品や環境によって、その空間にどのような光が必要なのか、分かり易くご説明くださいました。

下から見上げても中の照明が見えないものは、ケースの光が外にもれないように、余計な乱反射を防ぎ、目に余分な光を入れないことによって物がクリアに見えるよう工夫が施されているそうです。
この様な展示照明の際は、自分や周りの背景がガラスケースに映り込まないため、気が付かずケースに頭をぶつける方が続出した、というエピソードも聞かせてくださいました。

_MG_0104_re.jpg藤原工 氏(株式会社灯工舎、灯工頭 美術照明家・光文化研究家)


トーク後半では出品作家を加えて、それぞれの自己紹介と共に作品の紹介を交え、藤原さんとのクロストークを行いました。

_MG_0088_re.jpg
左より:村上郁さん、渡辺望さん、星田大輔さん


およそ2時間半のトークは、会場に入りきらないほどのご来場があったため、ご入場いただけなかった方々には、USTREAM配信での映像を202室でご覧いただきました。

_MG_0125_re.jpg

トークが終了してからまもなく、202室ではオープニングパーティーが開催されました。
中盤に古谷博子教授と、アキバタマビ21プロデューサーの小泉俊己教授からご挨拶がありました。

_MG_0232_re.jpg
本当に沢山の方々がお越しくださり、これまでに無い程ご来場者の多いイベントとなりました。
お越しくださいました皆さま、ありがとうございました。

本展覧会は6月4日(日)まで開催しています。
6月3日(土)には、クロージングパフォーマンス&トークが開催されますので、お誘い合わせの上どうぞご来場ください。

flickrでは今回のオープニングパーティー&トークの様子や、そのほか過去に開催した展覧会の様子もご覧いただけます。
https://www.flickr.com/photos/akibatamabi21/sets/


【イベント】
◉クロージング&パフォーマンス:6月3日(土)15:00〜
参加作家のグループとスペシャルゲストをお迎えして、今夜かぎりの特別な音と光のパフォーマンスを行います。
その後、神奈川芸術文化財団学芸員の中野仁詞さんと共に、クロストークを行います。
市川平|金刺わたる|久世考臣|鈴木泰人|丸山勝之

クリックすると、フライヤー両面がPDFでご覧頂けます

存在と実感展
-how to feel the existence-

青木香保里 安藤開 勝木杏吏 粂原愛 

2017年10月30日(月)〜12月8日(金)12:00~19:00
金・土は20:00まで
火曜休場

地図

・東京メトロ銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩3分
・JR「御徒町駅」南口より徒歩7分
・JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩8分