exhibition

また起きてから書きます


酒井一有 庄司朝美 田中智美 若木くるみ

企画協力・中尾拓哉


2016年4月30日(土) ~ 5月22日(日) 

12:00 ~ 19:00(金・土は20:00まで) 

火曜日休場

原稿用紙に眠っている、書かれるはずの文がある。物語、詩、手紙、遺言。いずれにせよ、伝えようとしたけれど、上手くいかなかった。やめた、のかもしれない。何に遮られているのかはわからないが、全然、浮かばなかったとしても、突然、浮かぶこともある。だから、「また起きてから書きます」。

 書き始められるのではなく、書ききれない後で、書き直される、書かれていない文がある。書かれるはずの文は読めなくても、そこに眠っているものを想起できるかもしれない。溢れたのか止んだのかはわからないが、 その判断をたどらせるためだけに残された言葉、「また起きてから書きます」。

 書き手は書き手、読み手は読み手。ということではなく、区別のつかない制作と鑑賞のプロセスは、切り替わりながら連続し、ときにほとんど同時に― ―起きている。

酒井一有、庄司朝美、田中智美、若木くるみによる展覧会を開催いたします。それぞれが制作について書きつづった冊子を作成し、また制作のプロセスを考える機会もご用意いたしました。ぜひご覧ください。



【出展作家】


酒井一有 Ichiyu SAKAI


sakaiichiyu_600.jpg

1982 年 鎌倉生まれ


詩作、造形制作を行う。朗読による発表にも取り組む。第一詩集に『クラーケン』(未刊行)。人形劇「半・ソロ」を準備中。

美術展への参加は本展が最後となる。





庄司朝美 Asami SHOJI


shojiasami_600.jpg

1988 年 福島県生まれ

2012 年 多摩美術大学大学院 修了

2016 年 「きぬぶるい」(O gallery ups、東京)

      トーキョーワンダーウォール都庁2015 ( 東京都庁第一庁舎、東京)


竹ひごや糸などの繊細な素材を使ったドローイング、油画などの絵画作品を中心に発表。





田中智美 Satomi TANAKA


tanakasatomi_600.jpg

1986 年 埼玉県生まれ

2012 年 多摩美術大学大学院 修了

2013 年 個展(養清堂ギャラリー、東京)

2014 年 第9 回高知国際版画トリエンナーレ展 優秀賞(高知県いの町紙の博物館、高知)

2015 年 CWAJ 現代版画展60 周年記念大賞展 大賞(東京アメリカンクラブ、東京




 若木くるみ Kurumi WAKAKI(協力:武内明子)


wakakikurumi_600.jpg

1985 年 北海道生まれ

2008 年 京都市立芸術大学 卒業

2008 年 後頭部の顔で岡本太郎賞に輝く。

2015 年  夏、岡本太郎美術館で再び展示させていただいたのを最後に、美術の仕事依頼途絶                 える。



企画協力

中尾拓哉 Takuya NAKANO




【イベント】


オープニングイベント

4月30日(土)17:30~

[朗読「Gatoradeの人」]酒井一有


オープニングパーティ 

4月30日(土)18:00~


ワークショップ+アフタートーク

5月1日(日)✻、4日(水・祝)、21日(土)

✻荒木くるみによるパフォーマンスも合わせて開催いたします。

出品作家とともに制作プロセスを様々な方法で体験するイベントです。

各日13:00~ [1時間程度を予定。道具・材料など事前準備の必要はありません]

・本展覧会に合わせ出品作家がそれぞれに、制作について書きつづった冊子をワークショップ+アフタートークにご参加の方へお配りいたします。





地図

・東京メトロ銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩3分
・JR「御徒町駅」南口より徒歩7分
・JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩8分