exhibition


特別展「BIOART.JP―バイオメディア・アート展」


 2013年2月23日(土)~3月24日(日) 
 12:00~19:00(金・土は20:00まで) 
 火曜日休場 

秋山慶太、アリ・アルムタワ、石橋友也、

伊藤達哉、岩崎秀雄+オロン・カッツ、

齋藤帆奈、多摩美畑部、ホアン・カストロ、

三原聡一郎、山本渉 、[特別参加]高橋士郎





BIOART_fryer_front2_600.jpg

BIOART_fryer_front1_600_.jpg



 


 20世紀終盤からの遺伝子工学や分子生物学の進歩と普及によって、生命に関する今日的なテクノロジーを援用した芸術表現が盛んになりました。それらは一般にバイオ(ロジカル/テクノロジー)・アートと呼ばれ、前衛的なファイン・アートや現代美術のある種の延長として、あるいはアート&サイエンス、アート&テクノロジーの一形態として、メディア・アートとも密接な関係を持ちながら発展してきました。

 生命を構成する細胞は、タンパク質を始めとする物質(アトム)でできているにもかかわらず、そこには遺伝子(DNA)というデジタル情報が含まれ、それが分裂、複製、交換することでリミックス、ミューテーションしていきます。物質としてのハードウェアや情報というソフトウェアから、細胞や生物というウェットウェアへ、という大きなメディアの流れの中で、バイオメディアにも近年キッチン・バイオと呼ばれるDIY化の波も訪れ始めました。その状況は、急速にパーソナル化が進むことで技術と芸術が交錯したリベラルな文化を生み出した、1970~80年代のマイクロ・コンピュータやコンピュータアートの誕生時に、自然と重なり合ってきます。

  こうした時代を背景に2010年、多摩美術大学の久保田晃弘と、早稲田大学の岩崎秀雄、高橋透らが提案する科研費基盤研究(C)『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』が採択されました。ヒトのゲノム情報が解読されたポストゲノム時代に、遺伝子組み換えや組織培養などに代表されるサイエンスやテクノロジーとしてのバイオのみならず、食や医療、社会や生活の中に浸透し始めたメディアとしての生物や生命も広く取り上げるために、研究テーマを「バイオメディア」アートと命名しました。そして2010年度には、バイオアートのポータルサイトである BIOART.JP を立ち上げ、オーストラリアのパースにあるバイオアートのCOEである SymbioticAの見学や共同研究を行い、続く2011年度には、バイオアートの父、ジョー・デイヴィス氏の日本招聘とワークショップやレクチャーの開催などを行い、バイオメディア・アートが持つ可能性を探求してきました。

  本展覧会は、3年間の期限の科研費研究の締め括りとして開催されるものです。多摩美術大学および早稲田大学と関連する若い作家を招き、身近な素材を出発点にしながら、今日のポスト・ゲノム時代における生物観や人間観の変容、生命とその時間に対する認識の変革、さらにはバイオメディアの活用と、その社会・生活への浸透に対する芸術の役割や可能性を提示することを目的としています。ぜひ多くの方々にご高覧頂ければ幸いです。


 科研費基盤研究(C)『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』研究代表者
 多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授
 久保田晃弘 





【イベント】

■オープニング・シンポジウム&レセプション
「バイオメディアと芸術」  
2月23日(土)17:00~19:00  
岩崎秀雄(早稲田大学)、高橋透(早稲田大学)、久保田晃弘(多摩美術大学)  
パーティーフード:フードデザイン部(多摩美術大学) 

■バイオアート・ワークショップ  
3月2日(土)14:00〜17:00  
講師:BCL(Georg Tremmel+福原志保)(http://bcl.biopresence.com)


NEW!! (2013.3.4 UP)
高橋士郎 「自由芸術展」~レイモン・ルーセルの実験室~ のトークイベントを、「BIOART.JP―バイオメディア・アート展」会場にて開催!是非合わせてお楽しみ下さい。

001863_01.jpg


トークイベント 「レイモン・ルーセルをめぐって」 
3月17 日(日)17:00〜19:00 

出演:
 高橋士郎(本展アーティスト)
     × 
 岡谷公二氏(フランス文学、美術研究者。ルーセル「アフリカの印象」翻訳者) 
     + 
 モデレーター:港千尋(本展キュレーター) 

会場:アキバタマビ21「BIOART.JP―バイオメディア・アート展」内






【出展作家】

秋山慶太 Keita Akiyama 

akiyama_600.jpg

2011年 多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業

大阪の調理器具メーカーに工業デザイナーとして勤務しながら、独自の実験的デザインを行っている。 





アリ・アルムタワ Ali AlMutawa 


almutawa_250.jpg

CG作家、多摩美術大学大学院デザイン専攻2年





石橋友也 Tomoya Ishibashi 

ishibashi_580.jpg

1990 出生
2012 早稲田大学先進理工学部生命医科学科卒業
2012 早稲田大学理工学術院電気・情報生命専攻入学(metaPhorest)

中高生時代、楳図かずおや岩明均のマンガを通して生命現象やバイオテクノロジーに興味を持つ。

大学ではバイオ医療の学科に進み、科学技術の進歩によって変容する生命観や人間像へと意識が向く。この頃生命科学にまつわる芸術の研究・制作を行うプラットフォームmetaPhorestと出会い、こちらに転向。卒業論文は『バイオメディア・アートの可能性とその展望』。

現在は生命にまつわる科学、芸術、哲学などについてあれこれ考えながら金魚にエサをやる日々。




伊藤達哉 Tatsuya Ito 

ito_tatsuya300.jpg

多摩美術大学メディア芸術コース4年。大学2年時にaduinoに出会う。
2年次の半ばに植物をタッチセンサーにする技術を確立する。1ヶ月もせず道子爆誕







岩崎秀雄+オロン・カッツ Hideo Iwasaki + Oron Catts 

iwasaki_580.jpg

岩崎秀雄

生命科学と現代美術の境界領域の研究・制作を手掛けている。
1971年東京生れ。1978年から切り絵を始める。1999年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)、2000年名古屋大学大学院理学研究科助手、2005年早稲田大学先進理工学部准教授、2012年同教授。
2007年~研究室内にバイオメディア・アート、生命美学のためのプラットフォームmetaPhorest (www.metaphorest.net)を設置、2010年Oron CattsとともにSynthetic Aestheticsメンバー。 


オロン・カッツ 

オーストラリア、パースに拠点を置くアーティスト。
培養細胞を用いたバイオメディア・アート作品で広くしられ、1996年からパートナーのIonat ZurrとともにTissue Culture and Art Project、2000年には西オーストラリア大学解剖学・人類学部内にバイオロジカル・アートのためのプラットフォーム、SymbioticA(www.symbiotica.uwa.edu.au)を運営、この分野の国際的なリーダーの一人である。
2010年、岩崎とともにSynthetic Aestheticsメンバー。 




齋藤帆奈 Hanna Saito

saito_400.jpg

 1988 横須賀で生まれる
 2002 衣笠洋画研究所で学ぶ
 2006 鎌倉美術研究所で学ぶ
 2008 多摩美術大学工芸学科入学
 2009 ガラスプログラムを選択 モデルエージェンシーDualism managementに所属
 2011 彩ガラススタジオでエアバーナー・酸素バーナーの技法を学ぶ
 2012 多摩美術大学工芸学科ガラスプログラム卒業 metaPhorest(早稲田大学生命美学プラットフォーム)メンバー

 展覧会:
 2011 渋谷ハチラボ 動く実験室展   
   川崎ガラス工芸作家展
 2012 卒業制作展 スパイラル
     玉川アートフェスティバル 玉川高島屋




多摩美畑部 Hatake-bu@tamabi (代表 片田美晴 Miharu Katada) 

tamabihatakebu_580.jpg

 多摩美術大学にて2011年3月に結成。
 校舎裏を開墾し、栽培環境や農作物を美大の視点から一つのメディアとして捉え、作品への応用を目的として活動。
 その傍らでバイオ・アートの研究を行い、株式会社 演算工房との産学協同プロジェクトを経て、「(多摩美 + 演算工房)×早稲田 meta-Phorest×慶應SFC =「Bio×FAB」」として東京デザイナーズウィーク2011「コンテナ展」に出展。
本展覧会は畑部、個の団体として初の外部展参加となる。



ホアン・カストロ Juan Manuel Castro 

castro_500.jpg

コロンビア、ボゴタ出身で東京在住のアーティスト。インタラクティブなインスタレーションや、生物学的プロセスにおけるリアルタイムの可視化や、生物素材を用いたハイブリッド・アート作品を制作。

2008年に実験的なアートプロジェクト"Biodynamic geometries"をはじめ、バイオメディア・アート作品(インスタレーション)を国際的に発表し(※)、積極的な活動を行っている。
日本学術振興会の研究員として早稲田大学岩崎研に在籍、metaPhorestのメンバーとして「人工生体膜」「種をまたいだコミュニケーション」などを手掛けている。
多摩美術大学大学院博士後期課程修了。

 2012年
 "Update_4" ベルギー、"生命美学展"日本、"SymbioticA's adaptation" オーストラリア、"Subtle technologies" カナダ、"ScienceArt" ロシア

 2011年 
"Collateral affections"メキシコ 

2009年 
"(Un)Cyborgable - Amber" トルコ 



三原聡一郎 Soichiro Mihara

mihara_250.jpg

アーティスト。1980年生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。

音響テクノロジーを基軸に、知覚、環境、身体の有機的な統合を模索するための、芸術作品としてのシステムの提示を行なう。311以降、「   」を超えるための余白というプロジェクトを進行中。本作はそのバリエーションの1つである。

また、音楽家の大友良英、美術家の毛利悠子らと作品を共同制作、触覚研究者と触感表現のためのプロトタイピング・ツールを共同開発するなど、国内外でメディア・アートの分野にとどまらず、他分野とのコラボレーションを行なっている。



山本 渉 Wataru Yamamoto 

yamamoto_500.jpg

1986年 栃木県生まれ
多摩美術大学大学院デザイン専攻2年

 [グループ展示] 
 2010 横浜美術館アートギャラリー「126 POLAROID さよならからの出会い」展
 2011 写真美術館「キヤノン写真新世紀2011」展
 2012 3331 Arts Chiyoda「3331 TRANS ARTS 展」

 [個展]
 2012 ギャラリーANOTHER FUNCTION(東京)「山本渉 展」
 [受賞]
 2011 キヤノン写真新世紀 佳作 [出版物]
 2010 「126 POLAROID さよならからの出会い」(赤々舍)
 2012 「線を引く」(MCV MCV)


 (五十音順) 



【特別参加】
高橋士郎 Shiro Takahashi 

takahashi_400.jpg

1943年東京生まれ。多摩美術大学大学院修了。多摩美術大学メディア芸術コース教授。

キネティックアート作品《立体機構シリーズ》を「エレクトロマジカ'69」、「現代美術の動向展」、大阪EXPO70などで発表したのをはじめ、マイコン制御の作品「黒い手」「踊る1本の棒」「手話ロボット」「ジャンケンロボット」などを「国際コンピューターアート展」、電気通信科学館などで発表する。

個展「新しい空気膜ロボットの遊び展」をはじめ世界各地で『空気膜造形シリーズ』を発表する。



※本展覧会は科研費基盤研究(C)『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』の支援を受けています。





地図

・東京メトロ銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩3分
・JR「御徒町駅」南口より徒歩7分
・JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩8分