exhibition

スペクトリウム


2012年7月28日(土)~9月2日(日)
12:00~19:00(金・土は20:00まで)(8月12日は18:50まで)
火曜日休場
夏期休業:8月13日(月)~16日(木)

伊勢尚生/西村伊央

spectrium_dm_front_500.jpg



意識の光のスペクトル
 
色はどこにあるのか。暗い屋内でプリズムを通し観察したニュートン。明るい戸外で靄を通し観察したゲーテ。物理と生理が火花を散らし、科学と芸術のあいだで闘わされてきたこの古くて新しい問いに、いま第三の実験室が開かれる。
 
色は意識と光の相互作用のなかで生まれる--写真とコンピュータを用いた二つの作品は、光から意識への変換、意識から光へのめくるめき回路を作りながら、二人はわたしたちを色の起源へと連れてゆく。それはスペクトルの両端にひろがる不可視の領域への旅となるだろう。
 
港千尋(写真家/多摩美術大学教授)




◇イベント

・アーティスト・トーク  7月28日(土)17:00~18:00 
出品作家とゲストによるトーク
ゲスト:久保田晃弘(アーティスト/多摩美術大学教授)
          佐々木成明(映像作家/多摩美術大学准教授)


・オープニング・レセプション  7月28日(土)18:00~20:00




◇出品者プロフィール


ise_nest_right.jpg

伊勢尚生 Naoki Ise

1986年青森県生まれ。2010年ベルリン芸術大学短期留学。2011年多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン領域卒業。

プログラミング/グラフィックデザインをベースに演算/タイポグラフィー/眼/ランドスケープなどをキーにしてモノを制作。最近は人間の視覚--色の絶対性 について考察中である。
主な展覧会に、2010年Morning proj. (Zionkirche/Berlin)、同年OPEN SPACE 2009 テーマ展示「ミッションG:地球を知覚せよ!」M.K.I(NTT ICC/東京)などがある。

www.naokiise.org


nishimura_astral_01_right.jpg

西村伊央 Io Nishimura

1984年東京都生まれ。2007年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報芸術コース卒業、2011年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了。
写真作品、写真表現による空間作品を制作している。

主な展覧会に、2011年個展 symphonic photograph(INAXギャラリー)、2009年TAMA VIVANT II 2009(多摩美術大学、みなとみらい線みなとみらい駅地下3階コンコース)、2008年第13回学生CGコンテスト受賞作品展(国立新美術館)などがある。

www.lapisjupiter.com









地図

・東京メトロ銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩3分
・JR「御徒町駅」南口より徒歩7分
・JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩8分